カテゴリー別アーカイブ: Apple

Speck の MacBook Air ケースと iBuffalo の iPhone 5 ケース

Speck の MacBook Air 用のケース、 SeeThruSatin のブラックと
iBuffalo のカーボン素材を用いた iPhone 5 ケースを購入してみました。

2013-02-16 11-30-01

どちらも、デザイン性がよく、また薄型であるのでケースをする本体の良さを失わないません。

Speck のケースには光沢のあるタイプもありますが、私は Apple Store で実物を触ってみて
マット調の方が気に入ったので、 SeeThruStain にしました。手触りがよく、 MacBook Air の上面、底面ともに保護してくれます

iBuffalo のカーボンケースについては Amazon のレビューを見ると電波強度の低下が指摘されているようですが
今のところ私の使用状況では、特に気になる問題は発生していません。
(追記)その後の使用での検証の結果、このケースを付けていると携帯電波の送受に悪影響があることが確認されました。通信速度の低下や断絶があります。また、 GPS の位置情報の精度が低下します。デザインは良いだけに残念なケースです。 Buffalo に問い合わせてみるつもりです。(追記ここまで)
薄くて軽いカーボン模様のケースは、オシャレだと感じています。

SeeThruSatin MacBook Air 13インチ SeeThruSatin ブラック
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

iPhone 5 ケース iBUFFALO iPhone 5専用 ブラック BSIP12PCRCB
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

MacBook Air や iPhone 5 のケースをお探しの方、ご参考までに。
ちなみに Speck のケースは11インチ用や MacBook Pro 用などもありますので、 Amazon 等でお探しになられてください。

Aperture 3 の調整プリセットを作ってみました ~ レトロ調

Apple から先日発売された RAW 現像 + 写真管理ソフトである Aperture 3 では簡単に色々な調整プリセット(色味などの調整をまとめたもの)をプレビューしながら適用できるようになりましたが、その調整プリセットは書き出し、読み込みを行うことができます。
私も、簡単なものですが Aperture 3 用の調整プリセットを作ってみましたので公開します。作ったのは、写真をレトロ調にするもので長い間アルバムにしまっていて変色した写真のような効果を出します。 サンプルとダウンロードは以下からどうぞ。

Sample

Before

After

Download

ダウンロード (ZIP, 4142byte)

ダウンロードしたファイルを解凍して、ダブルクリックすることで Aperture に読み込まれます。
皆さんもぜひ Aperture 用の調整プリセットをたくさん作られてください。もし良い感じのものができたら教えてくださいね!では。

Aperture 3 Aperture 3
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

Google 日本語入力システムのメニューバーアイコンを黒くする

久しぶりに Mac の話題です。
本日 Google から日本語入力システムのベータ版がリリースされました。

Google 日本語入力

従来の日本語入力システムと違って Google がウェブページを収拾する過程で得た大量の、単語や文節などの情報を利用できる画期的なアプリケーションになっています。

また、ベータ段階から Mac で利用できるので早速使ってみましたが、今まで変換したことがない熟語もサジェスト(提案)されますし、変換精度もかなり高いのでこれは非常に良い日本語入力システムではないかと思います。

しかし、そんな Google 日本語入力にも欠点というか少し足りないところがありました。
それはメニューバーに表示される現在の入力方式のアイコンが青く他のメニューバーの項目と調和しないのです。

美的意識の高いと言われる Mac ユーザの皆さんはこれが我慢出来ないでしょうし、私もそうだったのでこのアイコンを黒くするスクリプトを書きました。

ダウンロード
2010/11/12 追記 現在のバージョンではこのファイルでは上手く動きません。近日中に修正ファイルをアップロードしますのでお待ちください。待てない方は、トラックバックに修正方法を記載してくださったブログがありますのでそちらをご覧ください。

ダウンロードしたフォルダの中に使い方を書いてありますが一応ここにも書いておきます。

1. ターミナル.app (アプリケーションフォルダのユーテリティの中)を開く

2. 「sudo 」と入力したあとダウンロードしたファイルの中の install.command をドラッグする
sudoのあとに半角スペースを忘れないように

3. Return を押すとパスワードの入力を求められるので入力する このとき画面には表示されないが、入力し終わったら Return

4. 再起動またはログアウトする

これで、メニューバーに表示される Google 日本語入力のアイコンが Mac のメニューバーにマッチするようになります。
ちょっとしたことですが、気分良く文章を打ちたいですしぜひ試されてください。では。

追記
アンインストーラーも作りました。使い方はインストールの時と同様です。

アンインストーラー

iMac と My Book Studio Edition のベストマッチな配置法

今日のお話は、 iMac と My Book Studio Edition をスマートに組み合わせる方法です。
アルミニウムの iMac と My Book はベストマッチな存在なのです。 My Book Studio Edition を購入した時のレポートはこちら

My Book の配置を考えるにあたって、条件となるのは以下のことです。

  • 縦置きの My Book は、猫やコードが引っかかって倒れる可能性が無きにしもあらず
  • と言うことは、倒れることによる故障やデータ損失が起こる可能性もあり
  • My Book が木の机と共振するのでその対策

ここから、 My Book を横置きにして共振対策をとることにしました。

My Book は縦置きをすることを前提で設計されていますので、横置きはイレギュラーな使い方かもしれません。
そこで、単に横に置けばいいという訳ではなく上の写真のように、“縦置きにした時に正面から右側面”を下にします。

これは、 My Book が正面から見て左側にハードディスク、右側に制御基盤を配置しているためです。右側は比較的空間に余裕がありますので、机に接しても放熱に大きな影響がないと判断しました。 My Book は三方にスリットがあり比較的放熱のしやすい筐体であるとは思いますが、一応気を配ります。

横置きをする時、机と My Book が擦れて傷がついてはいけませんので 100 円ショップなどで売っている滑り止め防止のゴム付きフェルトを貼りました。小さくはさみで切って四隅に貼ります。

これが、机との共振防止にも役立つ一石二鳥のアイテムなのです!
机と共振して低く「ゴー」と唸る音もしなくなったので、ハードディスクの乾いた回転音と iMac のファンの音がするのみです。快適なコンピューティング環境という感じでしょうか・・・

最後は iMac の下に My Book を潜らせれば完成です。
どうです?少しは、スマートになったと思いませんか? My Book はプラスチックの筐体ですが、こうして置くとアルミニウムの iMac の一パーツであるかのような感じがします。
また、アルミニウムの iMac は他の Mac と違いスリープの時に点滅するランプが無くなってしまいましたが My Book がスリープと連動してゆっくり点滅するのでこの役割を果たしてくれます。


Camera D40x + Ai AF Nikkor 35mm F2D

このカエルさんは今まで iMac の上に乗っていましたが、こちらにお引っ越しさせました。
軽い木で出来ているお気に入りの置物です。

My Book Studio Edition My Book Studio Edition 1TB
レビューを見る
欲しいものリストに追加
在庫なしpowered by Amazon.co.jp

My Book Studio Edition 1TB 購入!! & わが猫

こんにちは
今日は My Book Studio Edition のお話です。

最近は、パソコンのハードディスクも大容量化してきたのでそこにたくさんの写真や音楽書類を詰め込むことが出来ますが、そうなると、ハードディスクがクラッシュした時の損失も大きいです。
現在使っている iMac が購入してから一年と半年ほど過ぎて今のところ何も問題はありませんが、将来的にハードディスクの故障も考えないといけないと思いバックアップ環境を整えることにしました。幸い Mac OS X Leopard には Time Machine という簡単にバックアップ出来るシステムが組み込まれていますので、外付けハードディスクを購入すればバックアップ環境ができ上がります。

外付けハードディスクを選ぶ時に考えたことは、

  • 出来るだけ大容量
  • 信頼出来るメーカー
  • コストパフォーマンス
  • Firewire での接続
  • 静音

これらの条件を満たすことです。

上記の条件で、外付けハードディスクを探すと Western Digital の My Book Studio Edition が私の希望に見事にマッチしていました。

My Book Studio Edition My Book Studio Edition 1TB
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:5980円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

My Book Studio Edition は元から Mac で使用されることを前提としてフォーマットされていて、ソフトウェアも附属しているのでうってつけです。
では、写真で見てみましょう。
[ad#Post_Middle]

写真

箱は赤を基調としていて、側面には本の図柄があります。本と並べていても違和感の無いサイズということをアピールしていますね。

私は、 CD と並べてみました。My Book Studio Edition 本体は、机の上にちょこんと置いていても全く邪魔にならないサイズといえそうです。重い訳でもなく、かといって軽くて倒れるような重さでもありません。ちょうど良いという感じ。

背面には、上から電源スイッチ , Firewire 800 × 2 , eSATA , USB mini-B , 電源コネクタとなっています。
Firewire 800 が 2 ポートありますので、デイジーチェーン接続が出来ます。

使用感

最初に接続すると、ハードディスクの中にはマニュアルと各種ソフトウェアが入っています。

  • WD Drive Manager 2-24a.dmg
  • WD-Anywhere-Backup-Mac-2.2.109.dmg
  • WDMacTurboDrivers.dmg

それぞれについて詳しい説明はありませんが、 WD Drive Manager は My Book Studio Edition の前面の LED ライトでの容量インジケータの表示や Mac 本体とのスリープ、シャットダウンとの連動を、 WD Mac Turbo Drivers はカーネルエクステンションで、 USB や Firewire での接続時の最適化を行っているようです。
WD Anywhere Backup はバックアップソフトですが、今回は Time Machine を使用するのでインストールしません。

これらのソフトウェアをインストールした後、パーティションを分けました。
Time Machine 用に 600GB 程度、残りの 400GB 程度は Data パーティションとして iMovie での膨大なファイルの処理や写真の一時的な置き場等に使用するつもりです。

気になっていた動作音ですが、パソコンのファンより少し大きいほどです。私の机が木製なので共振しているということもありますが、動作している時は少しジーという音がし、書き込みの時はカリカリと小気味よい音がします。しかし、 iMac G5 の爆音のファンに比べれば全く静かなものでこれからの季節クーラーをつけていれば、その音にかき消されほとんど気にならないかと思います。
共振については、共振防止用のシートがあるようですしそのようなものも試してみたいと思います。

書き込み速度は、単一のファイルをコピーする場合には非常に快適に書き込まれます。
Time Machine のような多くのファイルを書き込む場合はそれなりに時間がかかりますが、それでも結構早く終わったのではないかと思います。

まとめ

My Book Studio Edition はコストパフォーマンスも良く、上記のようにバックアップ用のハードディスクとしては最適な製品だと思います。Mac 本体のスリープにも瞬時に対応して、自身の電源もスリープモードにするなど優秀な部分もあります。
手軽にバックアップ環境を構築したい人、速い接続速度を持った Firewire の外付けハードディスクが欲しい人など Mac ユーザにはお薦め出来る製品でしょう。皆さんも、大切なデータが消えてしまう前にバックアップ環境を整えましょうね。

My Book Studio Edition My Book Studio Edition 1TB
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:5980円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

[ad#Post_Middle]

おまけ

わが猫さんが、 My Book Studio Edition を送ってきた段ボールに入っていた紙の緩衝材でいたずらをしていました。
ガサガサしたり、ガブガブかじったり・・・


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

では(笑)

※記事内のリンクは私の持っている My Book Studio Edition の後継で液晶のあるタイプの物です。

Poladroid

ポラロイド風の写真を簡単に作ってくれるソフト
PoladroidのWindowsに対応したバージョンが出ています!

これは、Macで使用している時の画像です
“Drag & Drop your picture here”と書かれている所に画像ファイルをドロップすれば
ポラロイドから用紙が出てくる時の音がして、画面にポラロイド風になった写真が現れます。

しかし!
すぐには画像は保存されません。
ポラロイドが仕上がるのに時間がかかるように
じわじわと写真が浮き上がってくるというギミックまで付いています。

そして、しばらく待った後に上のような写真の出来上がり♪
なかなか良い味を出してくれます。

ダウンロードはこちら↓
Poladroid project | download area