アーカイブ

可憐な白い花のシモバシラ

こんにちは
今日のお花は、シモバシラと言う小さく白い花をつける花です。

花は、純白で小さく、縦にたくさんつきます。
この様子が霜柱に似ているのでこの名前がついたようです。

ちなみに、シモバシラが生えていたところには冬になると氷柱が出来るようです。
Wikipedia には以下のように書いてありました。

シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。

なんとも素敵な現象ですね。

小さくても、綺麗な花をつけるシモバシラ。その可憐な様子に心が洗われる気がします。
では!