アーカイブ

鉢植えに突然現れるコガネキヌカラカサタケ

こんにちは。今日の写真はバラの鉢に生えていたキノコです!
調べてみると、コガネキヌカラカサタケという名前のキノコで、鉢植えの用土などに菌が混じり込んでいて生えてくることが多いそうです。

コガネキヌカラカサタケの軸は真黄色でとても毒々しい色をしていますが、毒性は弱いようで食べたらお腹を壊すかもしれないと、英語版の Wikipedia に書いてありました。


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

てっぺんに、茶色い胞子のようなものが入っているような笠もありました。
おそらくここから胞子を飛ばして増えるのでしょうね。

雨が多く、いつの間にかにょきにょき生えてきたキノコ
これが菌類の生き物だと言うのだから面白いですよね。では!

ポケット図鑑 日本のキノコ262
著者:
柳沢 まきよし
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:1296円 在庫あり。
powered by Amazon.co.jp