アーカイブ

真っ白なアスチルベ

今日のお花は、庭に咲いていた真っ白なアスチルベです。
雪が降ったのかと思うほど白く、季節を逆戻りした感じがしました。

それぞれの花の形も、雪の結晶のような感じです。

神主さんがお祓いをする時に振る祓串(はらいくし)のような感じもします。


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

暑い中、庭でかき氷を見つけた気分です(笑)
今の季節は、白い花などほとんどありませんから、気付いた時はビックリしてしまいました。

アジサイ

この時期、あまり良い天気が続かずもうすぐ梅雨がやって来るのかなぁと思う日々です。
そんな季節のお花、アジサイの写真を今日はお送りします。まだ、あまり開いてはいませんがそれでも美しいです。

これは日本アジサイで株が大きくなる種です。花びらのように見える“がく”は青と紫の色があります。
同じアジサイでも西洋アジサイは、鉢で育てられるほどの小さい種です。

これは、紫色っぽい色の花
小さな粒々のようなものが弾けているようで、まるで線香花火や銀河のようです。

こちらは青色
マクロで寄って被写界深度を浅くしたら、すごく幻想的な雰囲気になりました♪


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

青と紫色の花の境目…
きれいですね。

梅雨の季節は嫌ですけれど、雨で花や植物が元気に育つと思って乗り切りましょう。
アジサイも元気に花開くでしょうね。

オダマキ・ヒューケラ

新しいマクロレンズにもだいぶん慣れて、思ったように写真が撮れてくるようになった今日この頃です。

まず、今日のお花はオダマキさんです。

織田さん、ではなくてオダマキは前に出る花びら、横にでる花びら、そして後ろに伸びる角のような部分がある、ちょっと変わった形をしたお花です。
色は、この写真の濃い青以外にも赤紫や黄色の花の種類もあるようです。

横から見ると、オダマキさんがノースポールさんとお話しをしているような感じになりました♪
何を話しているのでしょうね?
後ろに伸びている、角のような部分も見えると思います。

今日もう一つの花は、ヒューケラです。
鉢に寄せ植えなどにされて観賞植物として売られていたりする、葉っぱも花も綺麗な植物です。

伸びた茎からは、まるでコンペイトウのような小さい花がたくさん咲いています。
パステルカラーのような写真になって、夢を見ているかのよう・・・

この写真は、背景が濃い緑でしまった感じになりました
背景の色使いでも、写真のシャープさを加減することが出来ますね!


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

ヒューケラは白い花だけでなく、赤などいろいろな種類がありますので皆さんも育てられてはいかがでしょう。