カテゴリー別アーカイブ: さんたさん(♂)

2010年 明けましておめでとうございます。

ついに、2010年になりましたね。
お寺から鐘の音も聞こえてくる年明けです。

昨年一年間このブログを読んでくださりありがとうございました。

今年も「わが猫とカメラマンさん」を、猫共々よろしくお願いいたします。

2010年 元旦

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED 購入!!

以前、マクロ3レンズ比較レポートのエントリーでマクロレンズの比較考察をして
多くの方に読んでいただきましたが、ついにマクロレンズを手に入れることが出来ました!!
AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G EDです。

AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:68780円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

ファーストインプレッション

では、箱を開けてみましょう。

外箱は、ニコンおなじみの金箱で側面に大きく数字のかかれた新しいタイプですね
箱の大きさは、レンズ本体の大きさに比べて太くてビックリしました。ウレタンタイプの緩衝材が大きめに入っていたためです。

内容物は、レンズ本体、フード、巾着ケース、説明書および国際保証書と、いつも通りです。

レンズ本体底面には使用されている技術がずらりと書かれています。
生産国は MADE IN JAPAN です。

D40x との感想

このレンズは、 425g と決して軽くはありませんが、 D40x のような小さなカメラとでもハンドリングは良好だと思います。
ボディのグリップをしっかり握り、左手でレンズを支えることで、丁度良いバランスになると思います。

DX フォーマット(ハーフサイズ)のカメラで使うと、画角はフィルムの時の 90mm 相当になりますが
これも、程よい中望遠で使いやすいかと思います。
私は今まで 35mm F2D をマクロ的用途に使っていましたので、その感覚で近寄ると近づきすぎていたということもありました(汗)
その辺りは慣れが必要だと思います。

そして、最初にこのレンズを付けてファインダーを覗いた時には非常にクリアな視界だと感じました
前玉は小さいですが、フルサイズ用のレンズですし開放絞りが f/2.8 ですからファインダーを覗くだけでも気持ちが良いものです。

上述の比較エントリーでも書きましたが、オートフォーカスは非常に速いです。
コントラストが低く AF が迷いやすい被写体でない限り、ほぼ瞬間的にピントは合います。
また、 MF の時もピントリングは丁度良いトルクで、最短撮影距離の 0.185m から 無限遠となる 1.2m 付近までで回転角はおよそ 180° です。この、余裕のあるピントリングがマクロ撮影時の MF を快適にしてくれそうです。

[ad#Post_Middle]

実写

マクロといえば、やっぱり花や昆虫ですよね
私、カメラマンさんの大好きな被写体です。ではご覧ください

これは、ノースポールの花の所にテントウムシの幼虫がいます
マクロで寄ってみると・・・

こんなに大きく写すことも出来ます!
あんまり、実用性はないかもしれませんが、学術的な用途にはばっちりでしょうね♪
ボケも柔らかな感じで、とてもきれいだと思います。

これは、ガザニアの花。辺り一面に咲き誇っていました。はびこる草のようです。
鮮やかな黄色の花びらの縁までシャープに描写されていて気持ちが良いです。

真っ赤なのはガーベラ。
拡大すると、花に付いた蜘蛛の糸まで繊細に写っています。奥に咲いているノースポールもきれいなボケとして現れていますね。

このレンズでいろいろな花を撮影したあとに、カメラの背面液晶で確認した時は少し地味な発色だと共通して思ったのですが、パソコンに取り込んで Aperture で現像すると鮮やかな本来の描写になっていて満足です。ここら辺は RAW 現像ソフトによるかもしれません。

ムラサキカタバミを撮る時には、地面すれすれで花に近づけて昆虫の視点を再現しようと思いました。
こうやって近づけると、マクロのありがたさを実感します。

小さな青い花を咲かせているのはワスレナグサです。これも、光と影のバランスが良く良い描写をしていると思います。
このレンズは、マクロ的用途だけでなく、影の描写も上手いなぁというのが撮り始めてからの実感です。明るく写すだけでなく、その場に合った影を表現してくれている感じです。

紫蘭は他のレンズでも撮ろうとしたのですが、花が小さいけれど近寄れずに思ったように撮れなかった花です。
しかし、マクロレンズでは近寄れるしシャッタースピードを早く出来るので、撮りやすかったです。

花だけではなく、猫さんも撮ってみました

猫というより、カメラマンさんのご主人様のわが猫さん。
今日も堂々としております。


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

さんたさんが、寝転がった時にもパチリ
AF が速くて寄れるので、片手で持ちながらでもシャッターチャンスを逃しません。
猫さんの毛の1本1本もきちんと写っていることにひたすら驚愕です。素晴らしいです

[ad#Post_Middle]

まとめ

このレンズは、単焦点でマクロレンズだという以上の価値を持ったレンズだと思います。
ニコンのレンズ技術の結晶といっても良いのではないかと思うほど、撮影者の意図を汲み取り、またその場の雰囲気を活かしてくれる描写をします。
ニコンユーザで、マクロに興味があるのならぜひ所有しておいた方が良いといえるでしょう。
良いレンズ・単焦点は撮影者の思った通りに写すというのを、 35mm F2D に続いて実感したレンズでした。

AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:68780円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 62mm NC-62 Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 62mm NC-62
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:2395円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

このレンズで撮った写真
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED を使用した写真

さんた vs ウサギ

さんた「今日はボクのお話のようです」

ウサギ「よぉ」
さんた「どうしたの?」

ウサギ「別に用はない」
さんた「ふ〜ん」

さんた「くぁwせdrftgyふじこlp」

ウサギ「ふぅ」
さんた「おぬし、いきなりとは」

ウサギ「じーーーーーーーーーーっ」


Camera D40x + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II

ウサギ「勝利ですねっ♪」

MFの練習

新しいレンズでの、MFの練習の日々が始まりました。


Camera D40x + Ai AF Nikkor 35mm F2D

かなり、MFのコツもつかめてきました。
ファインダーから覗いたときの感覚で、ピントが合っているかどうかが分かりますね。

で、”ウサギさん”と”さんたさん”は同じ腹から生まれてきたのに、
どうしてこうも”さんたさん”は老け顔なのかと言われそうですが・・・

ウシくんは、相変わらず若々しいです。

1月の写真

なかなか、お気に入りの写真ばかりです。
どうぞご覧ください。


Camera D40x + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II

昨年末の写真、一挙公開です


Camera D40x + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II