アーカイブ

冬のバラたち

バラは春と冬に咲きますが、わが家でも冬シーズンのバラが咲き始めました。
バラは雨ですぐに傷んでしまうはかない花ですが、何か生命力のような力強さも感じるので好きな花ですね。

こちらは花びらが重なっていない赤いバラ

絞りを開いて柔らかな感じに

つぼみを見ると、花びらの根本の方は黄色っぽいことが分かりますね。

こちらはピース
春に続いて元気に2輪の花を咲かせました。黄色の花が優しい感じで名前の Peace (平和) を感じさせますねぇ


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

背景を黒で引き締めて。

雑感
バラには多種多様な種類があり、それぞれに名前がついています。
しかし、名前を忘れてしまった時などに色から品種を検索できるような本やサイトがあったら便利だろうなぁと思いました。もしかしたらもうあるのでしょうか?


開いたピースとゼラニウム

先日、もうすぐ開きそうなピースの写真をお届けしましたが
その2~3日後に、きれいにピースが咲きました。

「剣弁高芯咲き」の淡い黄色のきれいな花です♪
剣弁高芯咲きとは、花びらの先端が裏側に巻くことによって花びらが剣のようにとがり
花に高さがある種類のバラのことを言うそうです。


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

横から見ると高さがあることが分かりますね。
この後、ピースにはまた2つのつぼみが出来ていますので楽しめそうです。

こちらは、ベランダのゼラニウムです
乾燥に強いので、ベランダでも育てやすいお花です。普通のお花だと、水やりを忘れるとすぐにしなびてしまいますからね。


Camera D40x + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II

最初の写真より、少し濃いめの色の花
ベランダにお花が置いてあると、ふと目をやった時に和みます。

ちなみに、ベランダでは現在チマサンチュも育てていて、お肉と一緒に食べたりしております。
美味しいですよ


ピースという名のバラ

今日の写真は、タイトルの通りピースという品種の黄色いバラです
このピースは何度か枯れかかって、移植を繰り返し今年はやっと一つ花が咲こうとしているところでした。

黄色の色合いが、淡い感じでおしとやか

この写真を撮る前に、水まきをしていたので水滴がついています。
開きかけの花びらが作る曲線は見るものを引き込む黄金比という感じです。


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

このピース、元気になってたくさんの花を咲かせて欲しいと願うばかりです。