大きなユリと不気味なチグリディア

今日の写真は、庭にいきなり咲いたとても大きなユリと、その根元に咲いていたチグリディアというちょっと不気味な模様をした花です。
まずはユリから
品種は不明ですが、花がとても大きく香りも良いです。

すべてのサイズが、辺りの他の花とは違います。
写真では分かりにくいですが、開いた花は優に手のひらの大きさを超えて20センチほどはありそうです。

この写真を撮った時は1つがつぼみですが、3つも咲きました。

つぼみも巨大

まるでカレー粉でも振りかけたような雄しべも、特大サイズです。

そして、子の大きなユリの花びらの先にカマキリの子供がいました
可愛らしいですね。
この大きなユリの下に咲いていたのが、チグリディアと言うアヤメ科の花です。

花びらが三枚垂れ下がった一見普通の花に見えますが・・・


Camera D40x + AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

中にはこんな不気味な模様があります
いったい、何が目的でこのような模様なのでしょうかね?飛んでいる昆虫にはとてもよく見えそうな気がします。
この時期、突然ユリの花が咲いたりしますので楽しまれてください
では。


0 Comments

コメントを投稿