冬の大三角と流れ星と北斗七星

こんにちは。冬は空気が澄んでいますので天体観察にも良い時期ですね
私もカメラで有名な星座などを撮ってみました。

これは、小学校で習った皆さんご存知「冬の大三角」です。
オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンが成す大きな三角形です。

この冬の大三角を撮っていたらとても明るい流れ星が流れてそれが写真にも写っていました。

写真をクリックして拡大していただければ、真ん中に縦に伸びる線があると思いますがこれが流れ星です。
肉眼ではとても明るかったのですがカメラは肉眼にはかなわないようです。また、上下に見える二つの線は飛行機です。

追記
Twitter で Alala さんに教えてもらいましたが、この流れ星はこぐま座流星群だということです。こぐま座流星群は、明るくゆっくり長く流れるので写真に撮りやすいですが、数が少ないので撮れたらラッキーだとか。
偶然に偶然が重なってこんな流れ星をとれて本当に良かったです。また、いろいろなお話を聞かせてくれた Alala さんにも感謝します。


Camera D40x + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II

北を見るとそこには大きく北斗七星が見えました。

皆さんも晴れた日には天体観察されてはいかがでしょう?目が慣れてくるととてもたくさんの星が見えますよ。
くれぐれも風邪を引かないように注意してください。では


0 Comments

コメントを投稿